材料は生の蒟蒻芋ときび粉

茶畑やゼンマイ畑で
自由にたくましく生えた
生の蒟蒻芋を使った「むく」。
国産のこんにゃく粉と
きび粉でつくった「きび」。
コトコト炊いてつくっています

バタ練り手ごねだから

昔ながらの《バタ練り》、
昔ながらの《手ごね》に
こだわってひとつひとつ手作り。
ざくざくとした歯ごたえの
出汁がよく染み込む、
昔ながらのこんにゃくです。

つくっているのは三十年前から

愛媛の県境にある用居地区では、
それぞれの家で自家用の
こんにゃくを作っていました。
加工場ができたのは三十年前で、
以来用居以外の人々にもこの味を
お届けできるようになりました。

昔ながらの製法

一、コトコト炊いて

こんにゃく芋を約二時間焚き、
スプーンで皮をはいで
ミキサーにかけます。

二、バタバタ練って

昔ながらの「バタ練機」で練り、
固さを調整します。
不均一な気泡ができるので、
味がよく染み込みます。

三、くるくる丸めて

手でひとつひとつ
丁寧に丸め、
お皿で形を整えます。

四、またまた炊いて

だいたい30分、
ボイラー釜で
じっくり炊き込みます。

五、やっとのことでできあがり

ざるにあげて
川の水で粗熱を取り、
翌日には配達します。

私たちが栽培した蒟蒻芋で、つくっています。

蒟蒻芋は、仁淀川町内のみなさんが収穫したもの。
そしてこんにゃくは、用居地区をはじめとする仁淀川町内のメンバーでつくっています。

最新のお知らせはこちらから。

「山のめぐみ舎」facebookページから、最新の情報をどうぞ。

近日「こんにゃくカフェ」もオープン!

できたてのおいしいこんにゃくをお召し上がりいただきたくて、
2017年末頃を目標に
仁淀川町内で「こんにゃくカフェ」をオープン予定です。

こちらのお店でも、
		売っています。

仁淀川町を中心に、高知市までの仁淀川流域各地で売っています。